ys213mtのブログ

社会人編

人生

人生まとめ 2018/12/16

人生の節目に到達して疲れてしまったので、振り返ってみる。

○経験

学生時代
中学校 (生徒会副会長 バスケ部 モンハンやガンダムに明け暮れる 校庭に向かって愛を叫ぶ)


高校 (合唱部 軽音楽部 リア充生活へと変貌 親友たちは全員バラバラの高校へ ゲームはほぼしていない ギターの神と呼ばれる 後輩から握手を求められたり、放課後にギターを教えてくれと言われたりイチャイチャイベントをこなす パンチラもあり 体育館ステージで演奏という夢も実現 黄金期を迎える アニメやラノベにハマってオタクアンドリア充の民になる)


大学 (闇フィールド展開 今までうまく行きすぎによりプライド高いウザいマンになる その結果、過信により単位を落とす 家庭問題勃発 病む 奨学金を失う インフルエンザにやられテストが死亡 教授に頭を下げて博物館で馬の骨のスケッチと進化レポートを提出することで留年を回避。 心を改めようとするが失敗。親に罵倒される。家を助けていたのに、そして自分の子供に対しての悪言に、家族とはなんなのか、もう何も信じないマンになる。昼の3時に起きて夜の3時に寝る生活。 飯は一回、後はガンダムGoogleで生きる意味を検索し続ける。半年がすぎる 夏に昔の親友に遊びに誘われて夜の海を眺めて浸ったりした。その後、ソイツからマルチ商法の勧誘を受け断る。泣いた。家族とは親友とはなんなのか。 もう死ぬかと思って、やり残したことはエロいことだった。 初風俗へ行く トロールがきてしまう。 とても腹が立って、嬢の選び方を丹念に調べて三回目で幸福を得た。どうせ死ぬならと思い、後は昔やっていた音楽をまたやろうと オーケストラサークルに入った。 大学2年生で冬前に入って、なんだこいつという目で見られていた。管弦経験もないし、謎だった。 でも俺は良かった、音楽がしたかったから。そこから人生が加速する。


覚醒 そこからもう既に俺は死んでいるの精神で、やりたい事を全て本気でやった。 恋愛や音楽に熱中したり、1年分の遅れを取り戻すために講義を受けまくったりバイトしたりした。 凄まじいスケジュール、そして楽器の成長に周りから注目され、一躍時の人となる。教授からも覚えられ、大学の掲示板にはいつも俺の存在があった。悪い意味で。 しかし、4年生に上がることは出来なかった。


留年 絶望した。奨学金で通っていたから、留年すると貸与されないのだ 退学か休学かを考え休学をした。 休学中は孤独だった みんなは学校へ行っている その間俺はバイトで学費を稼ぐ 電車の中で泣いた 俺は何をしているのかと泣いた 車窓が滲む 晴れた天気だった。 半年後 復学を果たす。 友人たちにお帰りと言われ泣いた。 人生の最も嬉しい出来事だった。 研究室の生活も闇だったが、人生に比べたらマシだったので割愛。就職で苦労した。 無事決まる。卒業式は、朝からキャバクラ行って、そのまま卒業式に出て、宴会に参加して帰宅した。人生1 とてつもない達成感だった。

社会人編

車屋に就職 営業マンだ。稼いでやるぜと意気込むもクソブラックだった。 地獄の1ヶ月共同生活 叫ぶ走る跳ぶ謎の研修 来たる救急車 闇はまだ終わらなかった 。このままでは死ぬと感じ、1年やって退職。やめるときも俺を倒していけ!他では通用しないとか定番と野蛮を織り交ぜられて行くセリフを上司に言われる。全てがクソだった。初めて車買ったけど売った。悲しい。

フリーター編
解放されしエクゾディア。生きるとは素晴らしいということを感じる。バイトをしながら夢だった教師を目指し、通信で大学に入学する。その後、実家が金がなくなり金を入れてくれと言われる。また、県営住宅なので所得増えたね?引っ越せと国から言われる。それにより、バイトしながら夢叶えるという路線も難しくなった。人生とはなんなのかと考える。今ここ。
(なおこれまでのバイト経験
コンビニ
ドラッグストア
カラオケ
フグ料理
パン屋
家庭教師
塾講師
100均
ビジネスホテル
本屋

○趣味

ゲーム

・アリスのランスは神ゲー(超えられない壁
ガンダム、DBD
アイマスや恋姫、マブラヴ、シュタゲなどその他多数エロゲやゲーム

過去:作詞作曲、ボカロ、歌ってみた、ゲーム実況、吹き替え、弾いてみた、ラノベ小説書いてみたなど経験あり

メイド喫茶、リフレ、風俗、ガールズバー、耳掻き
女の子が好きです。 通いました。 ただ、飽きるというのは違うけど、金がないというのもそうだけど、冷めた。リフレとか耳かきはありだと思うけど、虚しくなる。会員カードとか全部捨てた気がする。立ちんぼとジャンケンしてお店に入るか決めてた。メイドさんにAVについて語られたのは普通はない経験だと思う。

●これから
虚無感が激しい

車が欲しい
女の子が欲しい
美味いものが食べたい
永遠に眠りたい

そんなところである
以上振り返り終了

【クリア後の空気感:フリーター半年経って】

どん!!

 

ひっさびさのブログ更新でござる。

半年経ちまして、近況報告とこれからのことを書こうと思い至った次第。

 

クソみたいな人生を歩み……いざフリーターへと転じてみた結果。

最初はクッソ楽やんけとゆるゆるでした。

が、、、

 

某塾「社員がやめちまったから代わりに入ってお願いぴょーん!」

俺「まあ多少ならお金ほちい!」

 

を繰り返し、今や週6で塾へ……。は????

ホテルバイトも続けております。ん~相変わらずハード生活!

 

まあそれでも命の危険がないのでサラリーマン時より楽ではあるのだが。

断ればいい話なんですがね。中学生を123年生と全員受け持ってみたかったというのが理由にありますた。次の学期がきたら減らす手はずになっています。

 

学生の身分も無事に手に入れました。大学生時代お世話になった教授に会いに行きゲット。ありがとうございます本当に……。

 

レポートをだして試験を受けたりと色々単位取得はやり方があるんですが、今は忙しくすこーーーーしずつしか進んでいません。しかし風は吹いているのです。教員は数年後一気に退職ラッシュになると読みました。なので、チャンスなんです。

 

今この機を逃さず頑張ることが求められています。自分に自分が求めてるぅ!

 

そんなところ。

あとはps4pro買って色々ゲームしたり、YouTubeで映画見たりしてるかな。

 

流石にそろそろ火をともしていかんとな……。がんばろう

【前職では叫んだり走ったり跳んだりしていました→うーん採用!】

4月23日。か。。。

 

地獄の会社員生活から、まだ1か月はたっていないとはいえ、大分人間としての生活ができてきたのではないか!?

 

とまあ、前置きはいい。

さくっと塾講師のバイト+ホテルの客室清掃員のバイトに採用され出だしは好調。無理なく進もう。

 

ぼちぼち勉強しつつ金貯めつつ夏ごろには通信で教員免許取得のために学校に願書ダスと。プランはおk。

 

順調すぎるほど順調だが、、、やはりたりない・・・恋愛成分が・・・。

 

いつの日もそうであった・・・。充実したと感じる日々には必ずライバルてきな存在がおったのじゃ・・・。たりない、たりないよぉ。

 

人間ってきっと何年たってもあんまり変わらないんだと思う。

きっと30歳になっても同じこと感じてもう30歳かよとか叫んでる。

だったらやりたいことやるしかないけど、やりたいことやるんだったら絶対達成しないと人生ダメだよと。私は思う!!! そう夢のハーレムを手にするために!!!

 

うん。とにかく、順調なんだからその調子でいきつつ、出会いをゲットしたい。

 

浴衣デートしてえ。

【新章へ向けて:退職】

なーにが新章へ向けてだよ、笑う。

 

と、相変わらずの出だし。ぶっちゃけ冷静になるとこういうのもナナメ的な着飾ってる感じがアホだなあなんて思ったりする今日この頃。いかがお過ごしでしょうか皆さん。

 

わたしですか、、、遂に退職だっぜZ。

 

入社後「(1年で辞めよう)」と思い描いた通り、色んな人に出会い、こういう営業というしかもグレーな業界で働いてみて、そして12時間勤務の迷惑電話をかけまくる場所へと行きついた俺は10月、12月、2月にそのときどきの上司と話を重ね、やはり人生は1度しかないので羽ばたきたいということで相成ったのであった・・・。ででん

 

上司「もし教師になれなかったらどうするの」

と言ってきた上司もいたが、「失敗は考えてません」という無敵ワードで切り返すくらいにはスーパーマンに進化してしまった。強気すぎて笑う。

 

会社は嫌いではない。特に。業界が終わってるんだと思う。というか競合激しいとこは全部そうなんだろうな生きるか死ぬかっていう。お客様と電話つながった瞬間ブチギレてるクライマックスモードもこういう競合系の業界はざらなんだろな。へっへっへ

 

こうして社会人をちょいと経験できたのは、実は想像通りだったりする。自分にあってたらそのままのつもりだったけど、社会をちょっと知ってから教師ルートってのも想像してたから、クssssッソつらかったけど、おっけーおっけーるーと。

 

3月末で終えて、4月に戻る。お疲れ俺。超絶頑張ったぜお前。

強くてニューゲームってかんじだよなあほんと。俺らしさを忘れないでくださいっていう大学の後輩の卒業時の言葉はこういう意味なんだろなとも思う。ほんと良い言葉おくってくれたぜkzya.さんきゅー

 

 

 

【さようなら2017年、こんにちは2018年】

「生きてる」

 

 

そう、私は生きているのである。

あの地獄の平成29年を生き永らえた・・・。二度と経験したくないな・・・。

 

もう1月も中旬である。

振り返る暇もなく、仕事だったし、完全に何も考えたくなかったから遅くなったが。

 

まずは新年あけて、おめでとう。そして今年は今年こそ平和への第一歩を進もう。もう俺は正直お腹いっぱいだ。大学からずっと果敢に壁押し寄せすぎなんだよまじでさぁ・・・!!

 

気づいてるか? 昨年大学を卒業したんだぜ? あともう少しで1年だけど、俺の中ではもう3年くらいたってるよ。苦しみすぎて。笑う。

 

昨年の今頃の俺は実験実験ビバ実験して、人間関係クソで、やーーーっと留年休学した大学を卒業するぜと就職したら幸せつかむぜといったころだったな。なあ昔の俺よ。お前はこれから地獄アンド地獄を経験することになるぜ、やったな!!

 

まじでぱねえ。

 

正直記憶が失われてる。ストレスだろうか。ぼやけてて笑う。すごいね、人間って。

4月 胸に期待を寄せ、臨んだ研修。その実態はデスゲーム。8人の仲間と共に過ごしたことを思い出す。

5月 いざ西日本最西端へ。地元を離れ車を購入したり方言にドキドキしたり、新鮮な景色にワクワクしていた初期段階。

6月 新卒合宿。謎の台本完全暗記で時間も決められた精神と時の研修。大繩1000回とんだりマラソンしたり社会人とはと考えることもやめ始めたあのころ。

7月以降 仲間は散り、孤独と金もあまり入らず、仕事も苦しみ段々とダメージを負っていった。良い思い出だよなって笑い話にできるね。なんてことはない、ただただ辛かった。先輩や店長、同期に会えたことはよかった。ただ、生きることについてずっと考えて、暇さえあれば携帯で会社 辞める とかでひたすら検索していた。

9月10月 ここ一番だった。店長に対し辞めたいと伝えたあの朝。鮮明に記憶にある。俺は人に恵まれていたと思う。正直。自責の念に押しつぶされそうではあったが、これ以上は限界だった。思い知ったぜ、俺は一人では生きていけないんだと。ただ、同期の電話や周りの人たちに話を聞いてもらいなんとか息を吹き返し、異動へ。

 

10月11月 関東へ。部署が異動になり、栄転だと突然電話が入る。お店ではなくPCと電話で仕事をするようになる。ここでも必死だった。新しい場所、新しい仕事、、、、ここならどうだろうかと考えるも、しっくりこない日々を過ごす。

 

12月 やはり営業職。成果成果の世界、物は言いようで正論ならなんとでもいえるし悪いようにも言えるから、難しいけどめっちゃ仕事したくない感。無理やりなアイスブレイクや相手に興味を持つということが、自分にとってとてつもないストレスだと後に知る。倒れたら辞めると思っていたが、本当に頭痛で死にそうになる。ずっと座ってPC見ながら電話永遠として、ストレスためれば体も精神もくるわな。

 

1月 ちょっと仕事がかわり本格的にコールセンターちっくになる。お客さんから罵倒されるも青空みながら謝罪も慣れてきた。完全に何も考えず定型文を喋るだけ。まさに感情が死んだロボットモードを会得し始めている。これがソルジャーだろうか。壁に仕事してるヤツしてないやつがわかるようにランキング形式ででかでかと名前が出されている。俺はワースト1位だ!! ぐへ・・・。まじでだるい・・・。しゃーないんやで、心が拒否反応を示し始めておる。会社に言わせれば、乗り越えるチャンスだ!!とか言われそうだけど。怒られすぎたのだろうか。まあそうなんだろうな。電話をかけて話ができなそうな人だと嫌だなって思うし。システムてきにも遠慮なく仕事中とかでも電話かけてるし、やりたくてやってるわけじゃないんだがなんで俺こんなことしてんの?って思うしな。。。とまあ支離滅裂になってるけど、とにかく狂ってなきゃやってられないんだろな。

 

はい。

重い。

 

とりあえずさ。あと60日くらい行けば1年たつわけよ。したら当初の目標の1年は達成なわけ。辞める辞めないはまーーーーー、難しいところだけど。

 

目標を立てよう。今年の。

考えよう。

 

まじめな記事だな・・・。おわり

 

 

 

【倒れるまで…と言っていたら本当に倒れるの巻き】

 

 

という昨晩、恐ろしい頭痛に見舞われて朝の4時まで眠れない夜を過ごしたあの夜・・・。

 

寝違えてんなーとか言ってたツイッターの人が亡くなったのを前にみたこともあり、ちょっと恐怖だった。いやちょっとじゃないか。

 

一人暮らしで、薬もなくて、近くにコンビニあれど頭痛薬はなかったという地獄でなんつーか死を覚悟した。

 

そして病院へ行き、CT検査を初めて受けた。問題はなかった。一安心。

 

原因は片頭痛とストレスや体の凝りからくる頭痛が重なり合い共鳴したシンフォニーだった。はっはっはなーんだそうか。まじで

 

そんなでこんななるのかよもうまじで無理

 

とか、ちょっと冷静になっておにーさん。あ、見てくれた担当医の人美人だったね。いらない情報あざーーーーす。

 

やばいな。なんか久々のテンションじゃない? 淡々と書いてた最近の自分・・・仕事中も淡々としすぎてタンタンメンと言われていた自分・・・ついに舞い戻るの・・・?

 

CT検査問題ないけど、頭おかしいんじゃないか。よし。

 

職場。な。同じ姿勢でずっとPCずっと電話だもんな。ひどいとこーなるんだな。辞める理由できちゃったよなーーーー。まああとはタイミング次第かーーーー。まあ1年は、まあ1年はと思ってるけど。次はないかなーーーー。

 

上司はうざいけど良い人。っぽい。感じはある。とりま、うーーー長期休暇入るしリセットさんしよーぜ。

 

 

そして休日は散策を続けている俺・・・。この前はちょっと怪しい店を見つけてしまった。

 

ちょっとはずれにあるところに入り口に立つ革ジャン女の子。ふむ。

ちょっと近くで横目で観察。

すると、めっちゃみられてる。

あかん。ロックオンされてる。

 

じわりじわりと場所を変える俺。しかし視線はついてくる。俺も十分怪しいか。

意を決し、話しかけてみる。

「よかったらどうですか」

なんだ、1対1で話す普通のメイド・・・ではなく普通の・・・?話すとこ?

 

全然よくわからないが、話ができるらしい。革ジャン女の子と。なんかめっちゃ足腰いいなこの子。

 

じゃあとりあえずジャンケンしよう。ってことで恒例のジャンケン。驚く女の子。

 

あっさり負ける。入る。狭い入り口からすぐに2Fへ。狭いな・・・前の女の子ダンスでもやってんのかな・・・。良い眺め。

 

店内へ。薄暗い。なんかかき集めた感いっぱいのイスやテーブルが並んでる。

 

システム説明。たどたどしい。店長が奥に座っている。・・・

 

システムといっても特になんもない。30分いくら60分いくら。ドリンク無料。指名あり。それだけ。

 

せっかくなんで、ジャンケンした子についてもらう。うん、うん。え? まだ出勤して1週間たってない? 初めての客? まじかよ

 

クロバットをやっているらしい。どうりで・・・。

革ジャンは私服らしい。ちなみにっちゃ可愛い。クール系ね。耳かき上げしぐさぱねぇーーー。

 

俺が初めてのお客さんって、俺もドキドキするな・・・。適当に話せばいいんじゃない? ほらアクロバット的な感じでさ・・・。と適当にからかう。女の子なにそれと笑う。うわっちゃ楽しい。昔を思い出す。。。

 

極限の社会人生活で忘れていく大学生活のカケラを取り戻した気がする。ああ、なんか後輩をからかうのが俺の生きがいだったんじゃないか・・・うそだけど。たぶん。

 

そんな気分だった。会社ってさーとかその子のバイトの話とか、話をして・・・。

 

そんで時間がきて、またこれから客引きするというのでアクロバットしなよてきな適当なこといってばいちゃ。

 

あー。なんか、うん。そういう感じ。変な店っぽいけどまあ普通・・・?めっちゃ可愛いなと思い帰宅。そして頭痛地獄が始まった。

 

後で知ったが、とある商品を売るという名目で説明員を指定しそして席についておシャベりという形をとっているのだと思う。巧妙な。

 

そうわかった。女の子をからかうということが最大の刺激なのではないかと私は気づいた。そうかそうだったのか・・・。どうしてわすれていたんだこの気持ち・・・。人生の軸にして生きよう。よし。

 

安静にして明日を迎えて、その後長期休みだ。

 

では

【2度目の宣言:と最近】

「辞めます」

 

朝礼にて、成果がでなかったら辞めますと突然伝えた。

 

上司は「わかった!上司の上司に言え!」と冗談だと思ったらしい。

 

そして、上司の上司に宣言。すると・・・まあまてと

 

結論:お前が辞めるのは今この時ではない・・・

 

まそうだよね。わかってた。俺もおkもらえると思ってなかったからね。

ただまあ、ほんと上司にとっては迷惑な話だけど辞めたいと思ったし、ゆくゆくは教師とか塾講師とかやってみたいし、いつかやめることもあっていってみようと思ったのである。ででん

 

山口で1回、千葉で1回。なんというか傍からみたら甘えてんなーなんて思うけど、実際こういう境遇におかれないと、判断はできないと思う。だからこそ半分くらい新卒やめてるんだろうな。生き残りをかけたサバイバルゲームだよ。すごいな俺。ここまで生きてるじゃん。。。

 

仕事に関しては、上司が「お前が店長になるまで俺も今の立場でお前をまってるからな!!」と熱い言葉をくれた。うーーーーーーん良い人なのは間違いないんだけど、ちょっと勝手に俺の道を決めてほしくはないんだが。笑う。

 

とまあ、問題児として仕事に臨んでいる。度胸あるねなんて言われたりするけど、思ったことは言わないとつぶれるし、わがままくらいでちょうどいいと思う。礼儀とかなってないけどね。いいよそういうのは辞めたいと思わせる相手が悪いんだからと子供っぽい発言してみる。ふぁっきゅー。

 

 

さてここから。

ここ最近1か月程度ジャンケンゲームをしていた。

 

ジャンケンゲームとは、、、立っている人(主にメイド)に声をかけられたらジャンケンをして負けたら(勝っても)その店にいくというゲームである。

 

山口で孤独は最大の敵と知り、何かコミュニティ的なそういう場所を探して三千里。でもない。基本休みは平日で、仕事も終わる時間が遅いから普通のサークルとかは無理・・・。したらアキバも近いし行くか・・・。とはじまったこのゲーム。結構楽しんでる。

 

そこそこの数のメイド(対戦相手)と勝負をしていくこと1か月。

大体、歩いていて目があったらチャレンジャーとして声をかけられるくらいになった。

 

メイド喫茶に行くというのはあまりない経験だったので、わかったことを書くと。

メイド喫茶と言っても、さまざまなコンセプトがある。

・客層は様々。

推しのメイドで男たちの水面下の戦争がチラリズム

・闇深い

 

そうだね。コンセプトって色々あって、行ったとこあげてみると・・・吸血鬼、修道女、赤ずきん、妹、大正時代、忍者、秘密結社、カジノ、魔法使い、巫女、、、とか。アイドル在籍のとこもあったり、ほんと色々。

 

客層はまあ多いのはそういう感じの人。今日は歌舞伎町にいそうなオールバックの人で指輪じゃらじゃらで狼みたいな人が25万と12万のボトルをあけるぞおらぁとか言ってて、ここはメイドカフェだったのだろうか・・・と思った日だったけど。変わってる人が多いんじゃないかな、うん。メイドカフェにもそういうドンペリてきなボトルあるって意外だよね。

 

あとはやっぱ男って独占欲というか、推しの女の子って当然1人しかいないから皆俺としゃべってほしい!!みたいな状況になったりするときもある。怖い社会。ひい

 

一つの社会がここにある。って感じだな。気楽にいけば気楽だけど、突っ込んでいくとはまっていく(意味深)ところなんだなと思った。

 

あとは耳かきしてくれるとことかキャバクラより高いガールズバーとか、むしろキャバクラとか、一人ディズニーとか、結構色々行ったけどまあ結構遊んだ。

 

そう、、、次なる遊びを考えたい。さすがに遊びすぎたから、もうちょっとお金かかんないことにしような? 破滅の思考だから。

 

やばいなほんと。とりあえず今年もあとちょっと。生き残ろう。

ああ人生って。自分次第すぎる。