読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ys213mtのブログ

社会人編

【デス・ゲーム 研修編】

おつ。

 

昨日帰ってきました。

デス・ゲームってこういう雰囲気なんだろうな・・・って空気を味わうことができた貴重な研修をしてきました。

 

4月1日から思い返して振り返ってみる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

4月1日 入社式。

俺は3日前から風邪をひいていた。

 

最悪だった。テンションはダダ下がり。何故最初からハードなんだ・・・と。その時の俺は感じていた。原因は数日前に暇過ぎてなんとなく部屋で全裸になったことだろうか・・・。もう二度としない。

 

入社式を終えて、バスで静岡へ移動。このバス移動がとてつもなく暇だった。隣に座っている眼鏡君とも一言二言しかはなさず、窓から風景を眺め続けていた。

 

 

到着。マンション・・・宿かな。新入社員はとても多い人数なので、3LDKの部屋に8人で共同生活。めっちゃ多い。8人で住むって面倒ないざこざとか起きたらやだなぁーなんて思ってた。どうやらこれだけの人数なので、各部屋で新入社員達をまとめるリーダーが決められているらしい。だれだそんな大変な仕事してくれる奴は。俺です

 

会社から適性が高いと思われる人を暫定で決めたらしいです。私は貝になりたかった。

 

そうしてこの部屋に集められた8人のメンバー。このメンバーでデス・ゲームを行っていくことになる。俺はリーダーとしてまずはじめにこう伝えた。「生き抜くことを重視しよう」我ながら大げさと思った。冗談に決まってるじゃないですか。この時は。

 

そして飯をどうするか・・・。

炊飯器がなかった。死んだと思った。生き抜けない・・・。

 

1週間前後で配置されたが、本当に米の素晴らしさを知ることができた。

この研修で知れた大きな得たものの1つだ。米うまいよ・・・。忘れないで、米のうまさ。

 

 

研修開始。

 

人数がとても多い。数百名がホールにいる。おぉ・・・オーケストラで演奏してて、壇上から見たような感じ。すげえ。これだけ人数がいると、移動に時間がかかったりとか、可愛い子がいたり綺麗な人がいたりとか、全国からきてるから方言の女の子めっちゃ良いとかね。うん、好き。俺きめえ。

 

そして、実際に研修が始まって。感じたことは、圧倒的なオーラ。

 

社会人の先輩社員。重力が違いすぎる・・・。

なんだろ。凄い圧だった。緊張というか、新入社員みんな学生気分から抜け出させるためだろうけど、恐怖感あった。社会は厳しい。

 

その抑圧された心を癒すために、研修終わって部屋ではメンバーと発狂してた。率先して発狂していたのは、最初のバスで隣に座っていた眼鏡君。同じ部屋でした。そして彼の発狂っぷりはすごかったです。男8人でそんなストレス環境にいたら、そりゃあ変な言葉叫びたくなるよなぁ・・・わかる。そんな感じで部屋はカオスでした。毎日誰かしらがおっぱいとか言ってた気がする。

 

 

研修内容はあまり大きくかけませんが、一般的な内容と同じだと思います。帰宅後、美容師さんに聞いたら似たような内容でしたので。パワー系研修ね。

 

泣いちゃう女の子とかね、倒れちゃう人とかね。まぁこれだけ人数いればでちゃうかもね。かもかもね。怖いね。騒然となる場面もあったりかもね。それだけパワー系研修だったよあれはかもね。このことで、会社を信用できないと感じてやめる人が続出したかもねかもかもね。となりの部屋は3人やめたのかもね。夜逃げとかね。上のフロアはリーダーがやめたのかもね。かもかもね。

 

というような、いたはずの新入社員が減っていく。まさにデス・ゲーム

俺が最初にいったことが、現実になってしまうとは・・・。俺は神だったのか・・・。

 

 

他の研修内容はグループワークが多かったです。ペア組んで。

このペア自由に組める時は、速攻で話しかけに行きました。癒しを求め可愛いおんn

 

いや違うんすよ。聞いてください。このペア組み、早く組まないと取り残されるんですよ。社会は厳しい。だからなんならね。たまたま近くに女の子が多かっただけなんすよ。なんならね。方言めっちゃ良い。

 

それに緊張感あるじゃないすか。うん。お客様と契約や商談するとき考えてみ? 緊張感に慣れなきゃだめじゃないですか。そういうことがあってですね。はい、女の子が好きです。最高の研修でした。

 

印象に残ってるのは、滋賀県の子に「なんで敬語なん?」って言われたこと。

基本、敬語なんだよな俺・・・。初対面だし。相手がどう思うかわかんないし、年齢もわかんないからと。別に女の子が可愛いからドキドキしてるとかじゃねーから別に。

 

その子とは、敬語をやめて話をしようということを二人で決めて、なんとかクリアしました。癖ってやっぱり大変だと思いました。勝手に口が回ってしまう。

 

九州、四国、関西、・・・あー。良い。

ちなみに配属先は3ヶ月間、山口県になりました。早速方言を調べました。好きです。

 

 

まあそんなこんなで、デス・ゲームの中に華を見つけつつ、1ヶ月研修を終えました。

良かったこと:食事ができることに感謝するべし。 いっぱいおんなのこいました。 友達ができた。 毎日温泉に入れる。 音楽は最高。

悪かったこと:数百人もいたし、部屋も8人生活だったので衛生環境は最悪だった。 パワー系研修が凄すぎて新入社員の心もカラダもブレイクしてた。 連絡不備が多すぎてキレそうだった。 電車が30分に1本で辛い。

 

世界は広い。

次なるステージは山口県で店舗にてどうなるか。

大学に続いて、刺激的人生はまだまだ終わらない。

 

やぁーーーー

 

【卒業と枝豆1500円】

卒業式を終えて二日経ちました。昨日はトリートメントで黒染めして感動してました。凄いな・・・。これで安心して社会人になれるぞ!

 

5年間。留年と半年の休学を経て、ついに卒業。少しうるっときた。やっぱ音楽最高。演奏をバックに卒業式の壇上を見つつ、これまでの苦労を思い返す。色々あった・・・。同期は先に卒業してしまったので、やっと追いついたか・・・という感覚。

 

そして武道館にて思いを馳せてて、耳に入ってくるのはトランペットの音。あーいいなーと思いつつ、華やかな音が素敵。音楽は一人でやるより皆とやるほうが楽しいよなぁ。羨ましい。

 

で、ですよ。

 

枝豆 1500円。気になって仕方ないそこのあなた。

話は卒業式の日の前日に遡る―――――。

 

前日の独り言

「もう卒業かー・・・あとやり残したことあるかな」

「・・・」

「あー行ってみようかな」

「社会に出たら接待とかで行くかも」

「それに新たな刺激を求める戦士としては、ワクワクが止まらないぞ」

「でも明日卒業式でしょ?」

「10時から武道館で、そのあと学部に戻って卒業式して、その後飲み会か・・・」

「時間ないな・・・」

「朝行けばよくね?」

「・・・(検索中)」

「あ、あった・・・」

「でも移動時間も考えると・・・7時に着けば大丈夫」

「つまり4時に起きて、5時半くらいの電車に乗ればいいわけだ・・・ふむ」

 

可能だな。

馬鹿だと思いました。卒業式の朝に、ただ興味だけに突き動かされて5時半の電車に乗るとか。キーワードは 枝豆 1500¥ 接待 新たな刺激 基本夜のイメージ。良い子のみんなはわかるかな? 悪い子はわかるね? というわけでGo。心が綺麗な聖人はここから先は汚れますので注意。正解発表は最後に。

 

「・・・着いた」

目的地の最寄り駅へと到着。朝7時。寒い。とても寒い。さっさと店に入りたい。道を歩く。キャッチがそれなりにいる。朝から凄いな・・・。おじさんと可愛い子が並んで歩いている風景。ほー・・・。

 

だらだらしていると、卒業式に遅刻してしまうのでさっさと店のドアを開ける。中から聞こえるカラオケの音。音でっか。カウンターにボーイはいない。仕方ないので近くにあったイベントカレンダーを眺める。特に面白そうなのはなかった・・・。すると、中からボーイがやってきた。

 

席に案内される。少しお待ちくださいとのこと。じっくり暗い店内を見回す。カラオケがある。朝というのに客はいるらしい。凄いな・・・。とここでカシオレを一杯。卒業式の朝から酒。ちなみに夜の飲み会の最後はカシオレにしました。カシオレで始まり、カシオレで終わるを意識しました。

 

「○○さんおねがいしまーす!」

ボーイの声。カラオケうるさくて皆基本叫んでいる。ちょっと面白い。

そして、一人目のキャストがやってきた。

 

嬢「初めまして~」

俺「おはようございまーす」

嬢「なんでニヤニヤしてんの笑」

 

どうやらにやけていたらしい。当然だろ・・・。俺男なんだから・・・。

適当に綺麗だったから笑 と返して、トーク開始。*ここから頭の片隅で料金計算開始

 

21歳の元保育士。2月3月で荒稼ぎしようと思って入店したようだ。大学行ってみたかったなーなんて言っていた。今日俺、卒業式なんですよと話をしたら、どういうこと・・・?と頭を抱えていた。笑う。

 

どうだ、理解できないだろう? ふん。恐れ入ったか? と女の子困らせるの大好きモードに入った俺は内心快感を得ていた。変態で馬鹿、その時俺は自己分析ができた。

 

俺「朝もお店やってるんですね」

嬢「まあねー朝は平和だよ」

 

夜はギスギスしているらしい。朝のメンバーは仲が良いと、言っていた。なるほど、夜になると獲物がウヨウヨいるもんな。当然だ。

 

俺「メニュー見せてもらっていいですか?」

嬢「おっけー。あ、これ見てよ枝豆の値段」

 

メニューを見る俺・・・そこには

枝豆 1500円。

クッソ笑った。嬢もやばくね?と言っていた。きっと最高の枝豆なんだろうな。一生頼むことはないだろう。梅酒ロックで。

 

話もそこそこに20分経過。嬢が立ち上がり席を離れる。

続いて、二人目がくる。

 

おっぱい。

唐突な下ネタ。しかし俺の目が囚われてしまったことを伝えるためには、これしかなかった。

 

嬢「初めまして~、なんでニヤニヤしてるの?笑」

 

また言われた。顔ゆるすぎんだろ俺・・・。しかし、俺という鳥はその深い谷に吸い込まれそうになるのを必死に羽ばたいている(謎。

凄い。服を押し上げるしっかりとした・・・いや止めとくか。描写は脳内補完でよろ。

 

嬢と話をしつつ、システムについて整理する。20分で交代、メニューを見たけど基本2000¥~。ちなみに自分だけじゃなく嬢の分の酒も客が払う。頼めばだけど。へー、これはあっという間に金が上がっていくわけですわ。カラオケは無料。凄いぞ!女の子隣に酒飲みながらカラオケとかやばいぞ!!朝だから歌わなかったけど!あ、梅酒おかわりで。

 

そんで、卒業式の話をする。またも、嬢の顔がポカンとする。うーん! 最高!

車の話もしました。はじめてのお客さんゲットか!? こうやって足でお客さん探すの俺に合ってるかもなとか思った。

 

適当に話をしつつ、納得したことがある。

嬢によると朝はどこぞのボーイが客としてきたり、夜勤明け、オールでくる客が多いらしい。そんで嬢も女性だけど、そういう店にいって楽しむらしい。この循環。金の流れを感じました。

 

嬢「連絡先、交換しよ?」

 

20分か。πに気を取られて、あっという間だったな・・・。男がはまるのもわかるわ・・・。

 

そして、ボーイがくる。延長いかがなさいますか? 30分延長で。

予定通りです。そこは朝の場合、40分で席料金が発生するシステムだったのでちょい短いと感じていたので予定通り。

 

3人目。めっちゃはだけてる。ふん・・・。そういうあからさまなのは興味ないんだよ俺。とりあえず胸出せばいいとか思ってる浅はかな考えはなぁ!!見え見えなんだよぉ!!

それはおいとき、めっちゃ話が上手い。サックスをやっていたそうだ。楽器トークで盛り上がる。あと車。卒業式の話を出したらお兄さん伝説やんと言われた。よく言われます。面白い人とも言われました。それも言われます。語り継いでいいっすよと言っといた。

 

営業力鍛えるなら、たまーにこういう店きてもいいかもなと思った。普通に考えたら高いけど。金銭感覚ブッ壊れてるから、安い!とか会計の時言ってたけど俺。

 

4人目。セクシー。

 

「何でにやにやしてんの?笑」のくだりもしつつ、卒業式の話もしてもうパターン化しててさらに笑っていた。ほんと頭おかしいと思う。

 

朝・・・なんだよなぁ。

忘れてませんか? 今朝です。暗い店内、お酒飲んでますけど、朝です。これから卒業式。ブッ壊れてやがる・・・。カルーアミルクお願いします。

 

嬢「度胸あるね」

俺「そうですか? 金と時間とやりたいことあったら、できますよ」

嬢「卒業式の朝7時から一人でここくるのは行動力ありすぎでしょ笑」

俺「えー・・?」

嬢「連絡先交換しよ!」

 

とまあこんな感じだった。延長どうしますかと言っていたが、これから卒業式なんでと支払いし、サッと出た。もう一件いかがすか?とキャッチに会ったが、卒業式ネタで黙らせた。そりゃあそうだよな、思考停止するよな俺も意味わからねぇもん。

 

最後に、正解発表ですが、そうです、キャバクラです。

感想としては、男がハマるのよくわかる。気分でノリで酔った勢いで入ったら、金がぶっ飛んでいくのも理解できました。これは怖いわ・・・。

 

充実した卒業式でした。おわり

 

【何故、俺は大阪に生まれなかったのか!?】

 

 おはようございます。現在朝、6時前です。目覚めました。

今日は大学の謝恩会があります。ドレスコードが存在するパーティです。

 

さて・・・。

今回はですねぇ・・・。大阪に行った話を書きます。

 

大阪に・・・大阪に何故俺は生まれなかったのか・・・。

 

ああああああ。いやまて、これではわかりませんよね。1つ1ついきましょう。

 

大阪城見てみてーなー」

「方言が聞きてえなぁ・・・主に可愛い女の子の」

「そうだ、大阪いこう」

そう思った。シンプルで単純・・・それが楽しく生きるコツだ!(適当につけた

 

2、3日後そこには新幹線に乗る俺。

 

新幹線に乗るのも10年ぶりくらいだろうか。ドキドキしました。凄いな新幹線2、3時間で新横浜から新大阪まで行けちゃうんだから。ただ、暇だったな。

 

いざ新大阪に到着。本当にエスカレーターとか階段とか人の並びが左右逆なんだな。はぁーーー、と思った。駅によっては左右指定されてたりしてたけど。

 

そして第1目標である大阪城へ。

 

おぉ・・・。吸い込まれそうだ。

デカイ。かなりでかい。想像してたよりでかくて驚いた。そして溢れかえる外人。ちらほら聞こえてくる関西弁・・・大阪弁・・・? ちなみに違いはわかりません。関西弁の方が広義になるのかな? 

 

城巡りはまだ2城め。前回は小田原城に行きましたが、大阪城は桁違いだ。これは秀吉の凄さを思い知らされる。俺も出世してー。

 

城を散歩しつつ、もし大阪に生まれていたらどうなっていただろうか・・・と想像してみる。あまり変わらなさそう・・・。

 

どこへ行っても俺は俺な気がする・・・。いい事だけど何か物足りない・・・。しかし、方言。方言いいなぁ・・・。よく言うじゃない。標準語の男は女々しいとかさ。わかる」

 

羨ましいホントに。くっそ・・・。俺も方言でブイブイ言わせたかった・・・。人々を威圧して生きたかった・・・。

 

そんなわけで、大阪いいなぁと言いながら城を去る。次は日本橋

 

日本橋。東京で言えば秋葉原。大阪で言えば日本橋。と聞いたことがある。

秋葉原は昔そこそこ行っていたので、興味があった。というわけでGo。

 

なんだろう・・・。でかい。

さっきからでかいしか言ってないけど、でかいわ。東京は狭くて高いビル感あるが、大阪はでかい。横にもでかい。比較するのはナンセンス。というわけでフラフラと店に入ってみる。ほー・・・。堪能した後、外に出て少し歩いて数分。道に立つ看板をチラッと見やる。

 

「50分 4000円」

やすい・・・。めっちゃやすい・・・。とりあえず3往復くらいしてみる。どうやらまともな店のようだ。こんなに安いのに!? 

 

ちなみにここ。リフレです。いかがわしい店ではない。入店した際にも、規約に風俗店ではありませんと記載があった。リフレとは、マッサージしてくれるお店。ただ、してくれるのがメイドだというだけ。

 

秋葉原でも何回かリフレは利用しているが、料金が違うのに興味を惹かれ入ってみる。それに大阪弁の女の子に会うというのも目標の1つだったし。

 

めっちゃこんでる・・・。人気あるんだな・・・。と思いつつ待つと、女の子が一人やってくる。どうやら20分ほど待つらしい。全然待ちます待たせてください。

 

そしてソファーに案内され待つ俺。

 

ぐっは

気づいたか・・・?節々からにじみ出る大阪弁のイントネーション・・・。俺は嬉しさを禁じえない。ただの変態で済まない・・・ドキドキが抑えられねぇ・・・。

 

あーあ。彼女いたらな・・・。とか日々思いますけど、こういう店きて思うんだ。彼女がいないから問題にすらならない。

浮気? なめんな、こちとら独り身よぉ! 遊びまくってやるぜ! 男は酒と金と女の3大欲求! うっはー! うっはー・・・。

 

そして20分後、新しくやってきた女の子に受付してもらい一角へ案内される。大阪弁というだけでめちゃくちゃ緊張する・・・。

 

施術レベル的には秋葉原の方が上だなぁと感じた。料金的にもまぁそうだよな。秋葉原で、いつもマッサージしてくれてるSさんを思い出しつつ、まったり。

 

それにしてもこの女の子・・・。ニュータイプだ・・・。俺の人生の中で初めて出会ったタイプ。ものすごくまったりしている。話を遮らないようにする注意がいる。それはそれでゆっくりできるのでいいんだが、大阪弁だぜ!?もう最高だよ・・・。なんなんだよ・・・しかもスタイル良いとか惚れそうだわこんなん。

 

そして・・・女の子がマットを敷き膝をたたみポンポンと叩き、言う。

「次は膝枕や」

 

ぐっは・・・。

これは人気になるはずであったのであった。思い出すだけで口調がおかしくなるが、これはやばい。おま、考えてみ? 大阪弁+スタイル良い女の子+膝枕やぞ? 生きてて良かったと思いました。

 

その姿勢のまま話をする。膝枕されつつ、おもむろに女の子の顔を見つめてみる。すると「恥ずかしい」と恥ずかしそうな大阪弁で返され

 

ぐっはぐっはっぐあぐ・・・。

は? 照れんなよ。可愛いから。

 

「お兄さん、波乱万丈な人生やな~」

「そうかな~」

なんて会話しつつ、たっぷり楽しんだ俺は次なる目的地へ向かう・・・。

 

今2200文字くらいなんで、結構さらっと書くわ。

最後は飛田新地に行ってまいりました。日本に残る遊郭街。

 

何か刺激的なことねーかなーと、ネットで検索してるとチラホラ見かけるんですよね。これホントか? と。どうせ大したもんじゃないだろーとか思い、実際に行ってみた。

 

凄い。俺が悪かった。

立ち並ぶ「料亭」。夜にあかりが灯り、その通りはまるで祭りのような風景。すげえ。タイムスリップしたみたい。こういう昔の感じ好き。

 

その店は中が見える形になっており、中には座る扇情的なお嬢と呼び込みの婆。「お兄ちゃんみてって~」と声をかけてくる。ちなみにペロペロキャンディの棒を咥えてると声をかけられないらしい。

 

ニートラップとか色仕掛けってこういうことなんだろうな、と刺激を得ることができるので男は一度行ってもいいと思う。性欲に忠実じゃない人は無理だと思うけど。

 

スマホを出して写真とか動画とろうとするとヤクザに潰されるそうです。ガチな。というわけで、しっかり目に焼き付けて歩き回ったせいで、何回往復してんだと婆に笑われてました。笑

 

そんで楽しんだ後、新幹線で帰宅。

男性諸君は詳しい描写が知りたいと思いますけど、それは今度かな。流石に長いんで。

 

ああ、そこの「料亭」のお嬢に言われましたが「行動力バリやばいね」と言われましたね。わかるわー。

 

というわけで今日の謝恩会も楽しむとしましょう。ではは

自己紹介

っぷはぁぁぁああぁ・・・。

 

自由。それこそが私の空気。空は青く美味しいのです。

初めから脳死でスタートしているが、最近死んだような生活が続いていたので許す。

 

ブログを再開しようと決めた。

なんだかんだブログを続けてきたと思い返し、社会人になったら忙しいかなと思ったがアウトプットしないと頭を整理できないのか、そしてストレスとかも放出していかないと人生ツムツムか? ・・・と、こういう意味不明な文章を書きなぐることも楽しいので許す。

 

とにかく、今回の記事は初めということで、過去を思い返す編。

社会人へとジョブチェンジを果たす前に復習し、綺麗な体で出陣しましょう。

 

何を思い返すか・・・。

中学、高校、大学と fc2ブログ mixi エキサイトブログ lineのタイムラインとで日記のようなものを書いてきた。・・・そして中でも友人に公開していた文章がある。

これが謎の好評を得ていた。

 

「次の更新楽しみにしてる!」と大学の美少女に言われたり、イケメンにおもしれぇとか言われたりするのは嬉しくもあり、更新に力が入ったものだ。

 

思い返せば、高校の時も「面白い」と日記を読んでくれていた友人がいた。これは神に書けと言われているのか・・・? やはり神との対話ができる男だったのか俺は・・・。

 

突然、思考がぶっ飛んでいくのはわざと書いてるんですよ、もちろん。

普段、人と話していてこんな思考回路はしてません。わざとです。

 

いや、とにかくブログ再開するってことだ。うん。

 

 

それで何をどこまで誰に公開するかっていうのを決めたいわけ。

(この辺とか、記事に書く必要ないんだけどもう、考えたことそのまま文章にしながら考えるっていう荒業テクニックね。

 

どーする・・・?

 

思案中

 

更新頻度はブログの方が多い。そりゃあ脳死できるからね。

あー、うんいいか。めんどいな。Twitterアカウントつくりーの、ラインでお知らせしーのでいくか。一応あれだな18禁にしとくか。18歳以下はそもそも読んでないだろうけど、俺の頭がおかしいことがバレてしまうからな・・・。

 

っつーか、タイトル表現を過激にすればいいか。ただの垂れ流し日記だったらタイトル意味不明にして、面白いことあったら

例【ついに、彼女できる】

 

とかな。これが例えばの話で非常に残念でならない。大学時代とかね・・・へへっ。女難ジョナサンじゃんとか友達と笑い話になってっから。

 

と気づけば1000文字へそろそろ達するようです。なにやってんだ。

 

自己紹介っていう記事なんですよこれ。知ってました? 忘れてました。

 

じゃ軽くいきまーす。

 

★卒業を控えた大学四年の23歳男 次は社会人編だ!

★これまでに留年、休学を経験 バイトは8種類の海を渡ってきた!

★部活や係は、多種多様! 生徒会やバスケ、合唱、軽音楽、オーケストラと主に音楽がメインだ!

 

こんなかんじか。音楽好きのちょっと何か苦労してそうな男のブログです。やべぇ、一言で言えるじゃん。・・・。

 

最初はこんなもんにしとくか。おk。

2017/03/20 社会人編開始

テスト記事投稿。

 

ぬぅあぁあ。

なるほど・・・。